”目的”に拘れれば”最強”に繋がる!!

大相撲夏場所14日目 若元春vs霧馬山 まさしく”大相撲”を観ることが出来た!

https://youtu.be/koTYuK8yse8

両者譲らず、気迫あふれる攻守!そして最後 粘り腰で土俵下へ、その後の取り直しの一番も最後の最後まで もつれる素晴らしい一番だった。近年は大味な相撲が多い中、いやああ 凄かった、面白かった、感動した!!

こういう勝負が出来るのは 日々の稽古の積み重ねなんだろうが、それは”量”だけではなく、本番を常に意識した”質”を加えた ”圧倒的な質と量”の積層なんだろなと想像する。でも積層は一日ではならず、数日でもならず、数年続けてこそ積層になるのだと思うと、何で日常を過ごせるんだろうか、このハングリー精神なのか⁉今の時代は食えないということは想像しにくい。

とすると結局

・何をしたいのか?

・どこを目指したいのか?

・どう成りたいのか?

この目的がしっかりしているとそこへの”執着”が強くなれ ”煉獄さん”のような心を燃やし続けることが出来るのだと思った!

それを感じさせる取組後の霧馬山の印象的なインタビューW

「先場所負けていたので 今日はぜったい、ぜったい勝ちたかった」

大相撲は15日間興行で思うことは以下のような3つかと

シーン1)まあ明日も自動的にあるしな、まずやっておこう

シーン2)いや今日は明日に繋がる「一日一番」勝っても負けても頑張る

シーン3)いやいや今日は今日しかない「一日一番」絶対に勝ってこそだ

勝負は時の運”毎日勝つ計算は難しい 事実、勝ち越し8勝7敗が全力士の目標である

ただこの3つのシーンでどれが一番”繋がるか”は一目瞭然だ。確かに勝負は時の運もあるが、引き寄せるかは自分次第なのだ

あと稽古(練習)の質量の大きくなるほど、自分の太い背骨になるんだろう、相手というより自分自身に「負けるはずはない」という自分を信じ切る境地に辿り着けるのだろう

日常生活では都度はっきりした結果が見えるばかりではないのが 自分に対して”勝負”をしているのは変わりない ”ヌルっと”すり抜けないよう少し気を引き締めたい

さて今日は日曜日、そういいながら少しリセットする一日にしたいWW

どなた様にも素敵な日曜日でありますように!

well being それではまた!!

Follow me!

投稿者: Keiichi Nakadai

誰よりも”濃ゆい”人生を歩んできた ・拓けていく道 ・トレード・オンへの道 ・より良いへの道 を発信していきます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP