底からは昇るしかない!!

薩摩川内の夜空

皆さん こんばんは!いかがお過ごしでしょうか。新しい会社の勤務初日も朝礼と MTG後に移動しやっぱり8時間はかかる💦 これは帰ってくるのが難しいのがよーーく分かりました。簡単に戻れないんだからやるしかないということですね!

さて昨日のテレビ番組「情熱大陸」で、プロラグビー選手「姫野和樹」を特集してくれました。師匠(三浦孝偉さん)のメルマガでも書いてられたので、それに乗らせて頂きます!

姫野選手は、相手からボールを奪うジャッカルでワールドカップで名を馳せ、ラグビーの本場のニュージーランドで新人賞を取る ラグビー好きなら知らない人はいないスター選手です。

そんな彼は貧しい家庭に育ち、給食費や遠征費の二、三万円にも困る青春時代を過ごしたそうで、「ラグビーでのし上がってやる」この反骨精神が今の彼を創ったそうです。

そう考えると”そこそこ”からより良くは訴求できないというかモチベートしにくく、底から、もしくはネガティブから這い上がるは強烈なエネルギーに変換しやすいと思います。

”ポジティブな怒”は何よりかも 自分を突き動かし続けるのではないでしょうか。

人とは比較するなと言われても そうはいかないのが人間の性というもので、

なので比較して、悔しいけど一旦今の状況は歯を食いしばって受け入れて

「見返してやる」「やり返してやる」「大返しだ」という業火を心にたぎらせばいいんだと姫野選手のストーリーを見ながら解釈をしました。

底からは這い上がりやすい、文字通り上がるしかない それを新しいスタートの初日に確認ができたことを幸運に思います!

本日もお付き合いいただきありがとうございました!

それではまた!!

Follow me!

投稿者: Keiichi Nakadai

誰よりも”濃ゆい”人生を歩んできた ・拓けていく道 ・トレード・オンへの道 ・より良いへの道 を発信していきます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP