循環を前提とする!!

こんな記事を見つけた。

イギリスで4月1日より「プラスチック税」開始 再生プラ使用を奨励 | ELEMINIST(エレミニスト)


対象となるのは

プラスチック製包装材の製造業者と輸入業者。

リサイクルプラスチックの使用量が30%未満の場合、プラスチック包装1tあたり200ポンド(約32,000円)の税金が課せられるとのこと。

循環を前提とする社会へ進むなら必要なやり方かもしれない。

強引に行動変容を迫るのが狙いだ!

ただそのインフラの整備・サプライチェーン構築は全くまだまだが現実。

いつも書いているように需要が高まれば、そこにイノベーションは生まれる。

循環を前提としないと成り立たない社会に突入した。

リサイクラーとしては腕が鳴り、

表舞台に立てることにワクワクする!!

今、この次、流行る!!

モノマガジン創刊40年の特集記事に刺さる!

今の「モノ」はスマートなデザイン・高い実用性と環境問題へのアプローチ どれもトレードオンかが消費者の期待だ。

驚くのが一昔前のエコ商品見え見えの野暮ったさが何もないこと!

だからなのだろう、消費者マインドの大きな変化は 価格オンという一番高い障壁も許容しているのだ。

低価格で求め易いは 確かに日々の生活の彩りに貢献したが、どんどん使い捨ててもを引っ張ってしまった。

でも 付加価値価格になれば 手に入れる際も捨てる際も「どうしようかなぁ」が働き 自動的にアプローチが丁寧になる。

そんな変容に加えて 「勿体ない」という良き日本文化も取り戻し 

いつまでも変わらぬ普遍性から「美しさ」を見い出したい!

ストーリーが染み出している「モノ」を繋いでいくのも 我々の使命かもしれない。

新しい付加価値の時代が楽しみである‼︎

機運は高まっている!!

すでにアパレルの8割でリサイクル素材を使用! ゴルファーにできることは? アディダスのサステナブルなイベントに参加してみた – みんなのゴルフダイジェスト (golfdigest-minna.jp)

なるほど

昔のように多品種大量生産して、商品の現在のみのスオットでは通用しない。

生まれる前・使い終わった後にストーリーを帯びさせる必要があるのだ。

そんな中、デザイン・パフォーマンスを リサイクル繊維に移管しても、どう維持していくかがカギになってくる。技術の問題同様にコスト問題も立ちはだかる

ここは企業と消費者が両者で分担していくがスタンダードになれば

サステナビリティが確立されていくと思う。

にわとりが先か卵が先か 

循環の機運が高まれば、今ほとんど出来ていない回収のインフラが整備が進む期待が出来る、

それこそが、リサイクル繊維の安定供給に繋がる。

まずは多少値が張っても、リサイクル繊維上位になってきている機運を喜びたい!!

何を求めたいのか!!

さて少し環境ビジネスの話。

”捨てるところから始まるビジネス”

(ケース1)自分が要らないだけ=他人には価値がある=有価物

*トレースしなくてもプラスプラスで付加価値がつく

(ケース2)自分も他人も要らない=誰しも価値がない=廃棄物

*トレースしないとマイナスマイナスでどうなるか分からない

ということで対策をしなくてはとなり

「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」で

廃棄物の排出抑制と処理の適正化で、生活環境の保全と公衆衛生の向上を図ることを目的とした

法律のもと管理されていく。

まあそこまでは良い。ただおかしいのは環境省が方向性を出したものでも

2000自治体が逆判断をしたら、そちらの判断基準のみが生きる。

このダブルスタンダードはいったい何?

えっ主管官庁が判断したのに

各自治体>環境省って全くあり得ない、

各所の事情があるからね、地方自治だから いやいや違うと思う。

基本的な判断があるのだからそれを踏襲した範囲で、それぞれ事情をカスタマイズすべき。

しかも基本的判断に比べて、現地が緩くなるならいいけど、

ほとんどはキツい縛りになるだけ。全く,,,,

前例がないから?全然理解できません。新しいことに前例ってありますか?

目的は何?生活環境の保全と公衆衛生の向上<自分の保身、メンツ⁉

地方自治=自分専横⁉

各自治体判断が勝つなら 本省は要ります⁉

民間企業がいちいち2000自治体にいちいちヒアリングをするロスを含んで明日に進めるのか?

それは本省がやるもんだと思うが。

何を目的に?何をしたいのか!を もう一度見つめて欲しい。

まともな手続きを踏むほど競争力がなくなり

このままでは環境ビジネスが全く育たず、廃棄物処分業のままになる。

weii being また明日!!

*イライラで文脈がきつくなりご容赦願いますW

自分が起点である!!

前橋の青い空

太陽光のモジュール版の廃棄が大量発生見込みの2030年問題、よく見る記事ではあるが改めて共有したい

太陽光パネルの「2030年問題」 大量廃棄時代に備えるリサイクルとリユースの現場(マネーポストWEB) – Yahoo!ニュース

廃棄になるケースとは

①消費期限を超えて交換マストのモノ

②未使用の在庫品

③消費期限前に地目の用途変更などで不要になったモノ

がある。

①はリサイクルで二次流通

②③はリユースで二次流通

この二次流通側の整備は循環の肝になる訳で、消費者の行動変容だけがあっても、仕組みがなければ循環しようがない

②③の仕組みについて ブランド棄損になる・一次流通の足かせになるという企業論理ではなく、本来は何を求められているかの視点からブランド構築をしていって頂きたい。成長を阻害するのはどちらになるのか、バランスだけ注意すればいいだけでは と思うばかりである

逆に社会構造的に①がなかなかいかないと思っている。なぜなら処分費を頂くビジネスモデルの場合、廃棄物処分場の許可施設の建設・処分業の許可がなくてはならないのだが、このハードルが異常に高いからだ。

先人たちの負の遺産もあり、廃棄物業界はいまだに”対策が必要な業種”になっているのが理由なのだろう。近隣住民同意もマスト要件、今までを引きずり過ぎてあまりにもハードルが高過ぎるので、参入が難しいのが実情がある。

ただ時は移ろい、変化している。

処分場とは通称であり、実際はリサイクル循環工場として一次流通と二次流通のハブの役割を担えている事業者も増えてきている。少し見方を変えても良さそうではある

もちろん廃棄物業界の努力不足は否めない。循環だ、サーキュラーエコノミーといいながら実際はクローズドでごみを集めて、一方通行の処分・法令遵守から外れても別に,,,という部分もあるから。

今こそ業界全体が変わり、そして行政の見方を変えて、世間認知を動かす こうなっていかないと二次流通のインフラは整っていかない。

業界・事業主は自分たちがスタートである

廃棄物処分業者→リサイクル事業者→社会インフラプロデューサーへの変革

と定義をアップデートして欲しい。

社会生活の基盤を担う事業に関わるものとして、

本当に役立つビジネスでるという誇りを胸に、書かせて頂いた!

well being!!それではまた!!

PAGE TOP